車の買い替えをしようと思ったときに、気になるのは今乗っている車が、いくらで下取りされるかですよね。

この時のために、毎週ワックスをかけて車はピカピカ、エンジンだって快調そのもの。大切に乗ってきた愛車が少しでも高値で買い取ってもらえれば、大助かりです。

しかし、メーカーに持ち込んで下取り査定してもらうと、愕然とした価格が提示されます。

7年落ちの車で数万円~20万円、9年落ちになると0円と提示されることもあります。

営業マンの査定算出の説明に「やっぱり、そんなものなの・・・」と納得し、簡単にあきらめてはいけません。

ディラーの下取り査定を断り、複数の車買取り業者に査定してもらった結果、車の買取り価格が数十万円もアップした例がたくさんあります。

車を売るときは、「下取り」ではなく「車買取り専門業者」で買取り査定してもらわないと絶対に損します。

ディーラー下取りより買取業者の査定が高い理由

中古車を査定するとき基準となるのが「査定基準価格」です。

「査定基準価格」は、一般財団法人日本自動車査定協会が、各地の市場小売価格の実績を調べ支社ごとに毎月設定しています。

ディーラーや車買取業者は、この査定基準価格をベースに、走行距離、内外装、事故歴、エンジン、タイヤなどの状態や、車検残存期間などを評価し、加点したり減点したりして買取り価格を算出します。

同じ査定基準価格なのに金額が違う理由

同じ車を査定しても買取り価格は、ディラーや買取り店により、かなり差があります。

・ディーラーは新車販売、買取業者は中古車販売に力をいれている
→中古車に対する力の入れ方が違うため、買取業者のほうが高い

・買取業者は直営店や輸出など独自の流通経路をもっている
→オークションなどの中間マージンが不要なためを高く買取りできる

・人気車種はすぐに売れるので手に入れたい
→利益が少なくても台数をさばき利益がだせる

・標準外装備類はマイナス評価とプラス評価に分かれる
→買取り店の考え方の差、標準装備でなくても高価装備品は高く売れることも。

・担当者の営業ノルマがあるため車を確保したい
→買取業者や担当者にノルマがあるため台数を確保したい

このような理由から、同じ車の査定に数十万円の差がでてしまうのです。ですから、車を高価買取りしてもらうには、複数買取業者で査定が鉄則です。

提示された中で、一番高い金額を提示してくれた業者に決めるだけで、数万円から数十万のお金が魔法のようにポンと生まれてきます。

価格がアップすれば、手元の資金に回したり、次に買う車のランクを上げることもできます。

「複数の買取り業者で査定」というちょっとした手間かけるだけで、数万円~10万円単位のお金が生まれる可能性があるのです。

絶対に損することはないので、車を売るならぜひトライしてみてください。

矢印「無料一括査定」のサイトを見てみる

複数の買取業者で見積るにはどうすればいいの?

複数の車買取り業者に査定してもらうのに一番簡単な方法は、「車一括査定」を利用することです。

●車一括査定業者
一括査定会社

車一括見積り会社は、全国にある車買取り業者と契約しており、車一括見積り会社の申し込み書に記入するだけで、自動的に複数の買取り事業者に見積りを手配してくれます。

●全国の車買取り会社
全国の車高価買取り会社

車一括査定はどこがいいの?

車一括査定の会社は、全国の中古車買取り業者と提携しており、車一括査定会社が見積りするわけではありません。なので、基本的にはどこの車一括査定の会社を選んでも基本的には問題ありません。

しかし、提携業者数が少なかったり提携する地域にバラツキがあると、見積り依頼しても参加企業は少なくなってしまうということもあります。

そのような理由から、地方にお住まいの方で一括査定依頼する時には、自分の住んでいるエリアに買取業者または提携企業があるのかどうかがポイントとなります。そのような点から考えてみると、全国に提携網のある下記のような大手企業を利用すると安心です。

かんたん車査定ガイド

簡単査定ガイドの車一括見積り

簡単な車の情報入力で、最大10社に一括で査定依頼することができます。査定依頼すると同時に、車の相場情報が表示されるので事前に資金計画することができます。

ディラーの下取り価格より、平均17万円の高値がついているという実力のある業者が揃ってます。

矢印かんたん車査定ガイドの査定実績を見てみる

安心車.JP

安心.jpの車一括査定

安心車.JPは、JADI(社)日本自動車流通研究所が厳選した全国50社の買取り専門業者が参加しています。

トラブルも少なく、安心して査定を依頼し、価格をじっくり比較することができます。もちろん、査定後にキャンセルなども問題ありません。

矢印「安心車.jp」の車一括査定情報を見てみる

カーセンサー リクルート

カーセンサーの一括査定

カーセンサーの運営母体はリクルートです。カーセンサーは、中古車市場の情報サイトの老舗で、車好きの人にはお馴染みですよね。

全国規模の展開をしてますので、買取り業者の少ない地方でも複数の業者が参加し、車の査定をしてくれます。

矢印「カーセンサー」の車一括査定情報を見てみる

カービュー 愛車無料一括査定

カービューの車一括査定

カービュー、リクルートのカーセンサーと並ぶ、中古車業界の最大手です。もちろん全国対応でスピーディーな車査定が可能です。

参加業者数も多いので、じっくり比較しながら最も高い買取り価格の提示業者を見つけることができます。

矢印「カービュー愛車無料一括査定」の査定情報を見てみる

楽天の中古車一括査定サービス 中古車買取査定市場

楽天の車一括査定

楽天では、中高車市場にも力を入れ積極的に展開しています。一括査定すると、楽天スーパーポイントをプレゼントなど、他にはないサービスがあります。

ネット流通大手ならではのスピーディな対応と安心感で、人気のサイトです。

矢印「楽天」の中古車一括査定を見てみる

複数業者の査定対応がめんどうな方は

時間がなかったり、複数の買取り業者の対応が面倒な方は、個別に業者へ査定依頼することになります。このような場合、業者による比較ができませんので、できれば1社で高額な買取り価格を提示してくれるところに依頼したいですよね。

そのような場合、どこを選べかいいかといいますと、買取り業者でありながら自分で中古車販売のお店を持っている企業になります。

普通の買取り業者のように、一括査定→買取り→オークション→中古車販売店の流通経路を踏まず、直接、買取り→自社お店という最短距離で販売できるため、余分な中間マージンがかからず、その分買取り査定額に上乗せしてくれます。

車買取りと中古車販売が一体になった企業でオススメは、カープライスです。一括査定が面倒、高額な査定が欲しい、短期間に契約したい方にはオススメの企業です。

カープライス

カープラス

カープライスは、ネットを使い全国数百社のオークションを受けることができるインターネットオークションシステムです。

カープライスの査定を受けたあと、モバイル端末を使って画像をアップしオークションを開始、30分後に最高入札価格が提示されます。

納得したらその場で売買契約、納得しないなら契約なしのシンプルな仕組みです。

矢印カープライスの査定情報を見てみる

事故車や廃車、商用車やトラックなどの買取りは

事故車や不動車で廃車にしたい車の買取や廃車手続などの査定見積サービスを行っています。引取り、処分費用の自己負担と思っていた車に、思わぬ高値がつくこともあります。

事故車買取のタウ

事故車買取りのタウ

タウは、事故車買取りの業界最大手です。年間5万台以上事故車を買取っています。
世界100カ国以上に販売ネットワークを確保しているため、事故車でも驚くような価格で査定をしてくれます。

見ただけで使い物にならなそう、他社で断られるようなケースでも、確実に査定できます。

矢印事故車買取タウの買取り事例を見てみる

カービュー事故車査定

カービュー事故車買取り

カービューの事故車査定は、事故車・不動車・廃車・水没車の買取りを行う、日本最大の車買取・車査定ネットワークです。全国対応ですから、地方の方も安心してご利用いただけます。

矢印「カービュー事故車査定」の情報を見てみる

廃車引き取り110

廃車引き取り110

事故車や水に浸かってしまった車、動かなくり廃車しようと思っていた車などでも、査定すればお金にすることができます。査定は、北海道から沖縄まで全国対応。買い取り、廃車、引取りなどの手続きの一切を行ってくれます。

自分で廃車すれば費用がかかりますが、査定すればお金がもらえるなんて、うれしいシステムですね。

矢印「廃車引き取り110」の査定情報を見てみる

トラック買取.com

トラック買取.com
トラックや重機などの買取専門企業で、日本全国どこへでも無料で出張査定をしてくれます。買取り金額や台数なども無制限で、即日現金買取りもあります。

矢印「トラック買取.com」のサイトを見てみる

実際、どれくらい違うの?

一括査定見積もり依頼をすると、複数の買取り業者が訪れ実車をみながら見積り査定します。

それぞれの業者の得意、不得意、売れ筋、自社の在庫状況をみて価格が算出されますが、一番低いところと高いところでは 数十万円の差 がつくことがあります。

トヨタプリウスを売却のため車一括査定で見積りすると・・

トヨタプリウス
平成23年製 5年落ち 走行10000km
買取り査定のトヨタプリウス

買取り事業者4社からの見積り
車買取り一括見積もりの営業 車買取リ一括見積りの営業02

見積り差額はなんと 25万円!なんてことも・・・

※写真はイメージ写真、上記見積り価格は説明のための参考価格です。

なぜ買取り金額にそんなに差がでるの?

買取り事業者は、それぞれ専門性をもって展開しており、車種やタイプにより得意、不得意がでてきます。

得意な分野の車種は高く買い取ってもすぐに売却でき、在庫する期間も短く回転率を上げることで利益をだすことができます。

ポイントは、複数の業者に参加してもらい見積りをしてもらうこと。各社それぞれの思惑で見積り価格が提示されますので、一番高い価格を提示してくれた業者に売ればいいのです。

買取り価格に差がでる理由
●会社により専門性があり得意、不得意の車種がある
●在庫の少ない車は品揃えのためちょと高めでも手にいれたい
●販売ルートが違う、中間マージンがいらない(直販や輸出ルート)
●地方により人気車種、品揃えが違う
●基本価格は一緒だが、加算、減点の判断が違う

手続きは面倒くさくないの?

手続きは簡単です。見積り必要な基本のデータを入力すだけ。どの会社の申し込みでも、だいたい1分以内の入力で終わります。

STEP1
住所、氏名、メール、車種、色、年式、走行距離など、見積りのための基本項目を入力をします。

STEP2
見積り参加の連絡のあった業者と見積り立会日を決めて、現車立会をしながら査定してもらいます。

STEP3
一番高値の買取り価格をつけてくれた業者へ連絡し契約します。

STEP4
必要書類と車を業者へ引き渡しお金を受け取ります。

複数の業者の見積り日を同じ日にしてしまえば、入力の手間と1日の立会いで終わってしまいます。

これだけの手間で、数万円~数十万のお金が余分に生まれるのです。やらない手はありません。