会社の近くに、カーシェアの「タイムズカープラス」が、たくさんあることから「ビジネス会員」に加入しました。

ビジネスの場合、月会費1030円が無料になります。WEB資料を取り寄せで、申し込んで5日ほどで「タイムズカード」が送られてきました。

タイムズカープラスってどんな会社

「タイムズカープラス」は、タイムズ24が展開しているカーシェアリングサービスです。

パーキングサービスで全国展開しているタイムズ24が、マツダの運営していた「マツダレンタカー」を引き継ぎ、カーシェア部門として全国展開を図っています。

タイムズカープラスのサービス拠点(2016年4月時点)

・43都道府県
・7969ケ所
・設置台数 14917台

料金体系

初回費用
・カード発行手数料 1550円

月額基本料 
・個人プラン 1030円
・家族プラン 1030円(家族全員利用可能)
・学生プラン 無料
・法人プラン 無料
※個人プランと家族プランは、利用料金に充当できます。

利用料金(いずれも消費税込み)
【ショート(15分単位)】
・ベーシック 206円/15分
デミオ、プフィット、プリウス、フィットシャトル、ヴィッツ、インプレッサ、ムーブ
スイフト、AD、i-MiEV、プレマシー、ソリオ、キューブ、ノート、アクア、ミライース
カローラ・フィールダー、NV200、ハスラー、パッソ、フリード、N-BOX

【プレミア 412円/15分】
BMW116i、MINI ONE、CR-Z、Audi A1、プリウスα、CX-5 ノア、リーフ、セレナ
ゴルフTSI、ポロTSI

【パック】
・6時間パック 4020円(走行なし)
・12時間パック 6690円+16円/走行km
・24時間パック 8230円+16円/走行km
・アーリーナイトパック(18:00~24:00)
 2,060円+16円/走行km
・レイトナイトパック(24:00~翌9:00)
 2,060円+16円/走行km
・ダブルナイトパック(18:00~翌9:00)
 2,580円+16円/走行km

実際にタイムズカープラスを使ってみた

「タイムズカープラス」は、会員数、ステーション数、車の台数も現在日本でNo1で、さらに設置場所と台数を増やしています。

日本でもクルマを保有する時代から、借りる時代になってきているのを実感しますよね。

でも、実際どれくらい便利なのか、使ってみないとわからないので利用してみました。

予約から利用するまで5分あればOKく

クルマの予約は、スマホにインストールする専用アプリやパソコンから簡単にできます。黄色のものがタイムズカープラス・アプリです。

交通系アプリ

タイムズカープラス・アプリを起動した画面です。

タイムズプラスアプリ起動

現在位置を中心に、周辺のクルマの配置拠点(パーキング)が黄色のアイコンで表示されます。クルマが出払ってる拠点は、白いアイコンに変わります。

上のバー内にある時間と利用時間を設定し、下のバー内でクルマを選び、予約ボタンを押し確認の暗証番号を入れれば予約完了です。

完了すると、すぐに確認メールが届きます。申し込みから予約完了まで、約1分でできます。このあたりレンタカーと比べると格段に使いやすいですね。

駐車場に向かう数分前に予約して、すぐに運転できる気軽さは、本当にマイカー感覚です。さらにいえば、毎回運転するクルマを選べるので、マイカーより楽しみがあります。

料金は激安という感じ・・

仕事関係で、2つの関係先に資料を届ける必要があり、1時間30分予約しました。

実際に乗った時間は1時間18分で、206円×90分/15分=1236円でした。車の運転データは、すべてネットでアップされ、使い終わると、メールで利用情報として送られてきます。

利用データ

最高速度や、走行距離、急加速、急減速などのデータがすべて記録されているのがわかります。

ガソリンがあまり入ってなかったので、備え付けのカードでガソリンを給油したら、15分206円が後からマイナスされました。

ということで最終的に払った金額は、1030円です。もし15分単位で早く返せていたら、その分もマイナスされますので、本当に使った分だけ払えばいいという感じです。

保険は、対人(無制限)、対物(無制限)、車両(免責0)、人身(無制限)が料金に含まれています。(会員の運転者だけが対象)

11KMの距離を走り、1時間30分使って1000円しかかからない。タクシーに5分乗れば1000円かかるのに、本当にこれでいいの?という感じの安さです。とにかく、激安で超便利です。