車の維持費用が、実際いくらかかっているかを算出してみました。

理由は、最近人気のカーシェアリングに興味があり、実際どっちが得なのかを冷静に判断してみようと思ったからです。

保有している車は、2000ccのセレナ、月極駐車場利用、エコカー減税なし、1ヶ月600km走行(1週間約150km走行)、3000kmでオイル交換をしています。

セレナ経費

ちなみに、車の装備などには、ほとんどお金をかけないタイプです。

車検時の費用 141,700円

2年毎の車検は、本当に負担になりますよね。2年ごとにやらなくても、いいと思うのですが・・・。

ディラー車検は、定期交換部品があり故障前にメンテが基本なので、私はカーショップで必要なものだけ指定してやっています。

とりあえず、車検時の整備費及として、平均で8万円を計上。車両重量税 は、9年目のセレナなので、エコカー減税の適用はありません。

●車検費用(2年間)
・車検整備費:80,000円
・自賠責保険:27,840円
・車両重量税 :32,800円(エコカー減税なし2.0トン以下)
・印紙代:   1,100円
合計   141,700円

税金及び保険料(2年間)159,000円

任意保険は、無制限の年齢制限、運転者限定なしです。長年無事故なので、等級割引で安くおさえています。

任意保険は何度か使いましたが、自賠責保険は使ったことはありません。保険は自賠責保険か任意保険どちらかを義務付けてくれるといいんですけどね・・。

毎年5月に支払う自動車税と任意保険は、頭痛の種ですよね。

●税金&保険(2年間)
・自動車税:39,500円/年×2年=79,000円(総排気量1.5~2リットル軽減なし)
・任意保険:40,000円/年×2年=80,000円
合計   159,000円

維持管理費(2年間) 446,500円

月極駐車場を月1万円で借りています。車は平日はほとんど使わず、走行は土日のみ。平均すると、週150kmくらいで月600kmの走行だと思います。

年間7200km~1万kmの走行になりますから、平均的なウィークエンドドライバーだと思います。

セレナの燃費は、あまりよくなく8km/L程度。3000kmごとに、オイル交換、2回に1回の割でエレメントの交換をしています。

●維持管理費(2年間)
・駐車場:10,000円/月×24ケ月=240,000円
・ガソリン代:月走行600km/8km/L=75L/月×105円×24ケ月=189,000円
・オイル交換:3,500円/3000km毎×5回/2年=17,500円
合計   446,500円

車保有でかかる費用は年間68万円

2年間の維持経費を合計すると747,240円でした。年間では1/2で約37万円ですが、実際には、この費用に車両の購入金額の償却がプラスされます。

セレナは約280万円で購入し、現在の9年目ですので、通常査定では価格は0円です。(一括査定すると、ちゃんと価格はつきます)

償却で考えると、280万円/9年=31万円、つまり年間31万円づつ価格が目減りしている計算になります。

年間維持経費37万円+車の償却31万円
=車保有時の維持管理費 年間68万円(月額5.6万円)

これが、セレナを保有していることによる費用になります。この金額は、けっこう標準的なケースではないでしょうか。

つまり、都心部で車を乗り続けていると、10年ごとに約700万円の費用がかかるという計算になります。

一生乗り続けることを考えると、車にかかる費用というのは、家と同じ位費用がかかっているんですね。(^_^;)

車を手離すことを一度検討してみる

これからの時代、車は全く違った性能のものに進化していきます。

2020年には自動運転、さらにEV(電気自動車)や水素エネルギー自動車など、新しい技術が開発されていきます。

また、車メーカーばかりでなく弱電メーカーなでの異業種が参入。パソコンや家電商品のようにどんどん技術革新が進んでいきます。

そうなってくると、同じ車を所有して乗り続けるのではなく、「最新の技術が盛り込まれた安全な車を、カーシェアやレンタカーなどを利用して必要な時に使う」そんな考え方が、時代の主流なってくるような気がします。

なにしろ、あと4年後の2020年からは、自動運転の車がでてくるのですから、今車を買うのはためらっちゃいますよね・・。

そう考えると、車を売るなら今のタイミングかもしれません。

今お持ちの車が、どの程度の資産価値があるかをチェックするなら「車の一括見積り」を使ってみてください。

矢印かんたん車査定ガイドで価格を調べてみる