乗っている車を売る時に、「車の下取り」と「車の買取り」という言葉がでてきますが、その違いは何なのでしょうか?

また、「下取りは安い、買取りは高い」と、よく言われますがそれは本当なのでしょうか。

下取りの場合「車の販売」が主役

販売店

「車の下取り」は、新車や中古車を販売するディーラーや販売店が行います。

車を新しく買う時に「今まで乗っていた車を私たちが買い取りますので、新しい車に安心して乗り換えてください」というシステムが『車の下取り』なのです。

ですから、主役は車販売であり、下取り(買取り)は、車の販売するための『おまけ』的な存在となります。

乗っている車を、ディラーや販売店にいる「査定士」が、約1時間ほどかけてチェックし査定してくれます。

査定された金額は、車を購入する場合の代金に充当されます。新車購入の場合、諸費用が約10%~20%(約200万円の車両の場合約30万円程度)かかり、車両金額と合わせるとかなりの金額になります。

購入者が「諸経費ってこんなにかかるの?」と購入をためらわないよう、下取りと値引きでなんとか値ごろ感をだせるように頑張っているのです。

つまり、ディーラーや販売店にとって、下取りは安値を演出する貴重な道具的な役割りになっているのです。

買取りの場合「車の買取り」が主役

全国の車高価買取り会社

「車の買取り」は、中古車買取専門店のメインの業務として行われています。

多くの人から車を買取って中古車販売業者やオークションに流通させ、その差額を利益としています。つまり、車の買取りが商売の主役なのです。

中古車買取専門店は、買い取った車の流通経路がしっかり確立しており、車の在庫期間も短く中間業者もないため、車を高く買取りすることができるのです。

多少高く買い取っても、どんどん流通させ販売台数を増やしたほうが、もうかる仕組みになっているのです。

また、国内では査定金額がゼロのような車でも、海外輸出のルートを持っていれば高く売れるため積極的に買い入れします。

そういう理由から、買取り専門業者の方が車の査定金額が高くなるのです。つまり専門業者の強さが、車の買取り金額の差となっているんですね。

ローンが残っている車の売却

車にローンが残っている場合、所有者は本人ではなく販売店やリース会社となっていて車検証の所有者欄に所有者の名前が、使用者の名前に保有者の名前が記入されています。

つまり、車の所有者が他人であることから、勝手に売ることはできません。車を売るためには、ローンの残りを一括で支払い、ローン完済後、所有者の名義変更してはじめて販売することができるのです。

では、ローンが残っている車はローン完済しない限り絶対に売れないのかというと、そうではなく幾つかの方法が用意されています。

ローンが残っている車の下取り方法

ローンが残っている場合、車の査定金額とローン残債の金額のどちらが大きいかで対応の仕方が変わってきます。

ローンの残り

下取り査定金額がローン残りより高いとき

下取り査定金額がローン残債より高い場合には、下取り金額でローン残を精算できますので問題ありません。余った差額は現金で渡されます。

●査定金額(100万円)ローン残金(70万円)の場合
 100万円でローン残債70万円を精算した後、差額30万が、新しい車の費用に充当される
 査定金額(100万円)-ローン残金(70万円)=購入代金に充当(30万円)

下取り査定金額がローン残リより低いとき

下取り査定金額がローン残より低いときには、足りない分を現金で一括で精算してしまう方法と、新しく買う車にプラスして新たなローンとして組み込んでしまう上乗せローンという方法があります。

●足りない分を現金で支払いローンを完済させる

査定金額(50万円)ローン残金(70万円)の場合
 査定金額(50万円)-ローン残金(70万円)=現金でローン精算(20万円)

●足りない分を、買う車の費用にプラス(上乗せローン)して新たにローンを組み支払う

査定金額(50万円)ローン残金(70万円)新しい車の金額(200万円)の場合
新しい車のローン(200万円)+ローン残20万円(50万円-70万円)
 =
 新規ローン金額(220万円)

上乗せローンは、どこのディラーや販売店で行っているわけではないので、買うお店に「ローンが残っているんだけど・・」と相談してみてください。